TOPへ戻る

11/19-B1乳酸菌の発見

11/19-B1乳酸菌は、東京大学薬学部教授(当時)の関水和久博士によって発見されました。

食品の中には免疫活性化作用(免疫力を高める働き)を持つものがあり、その強さは食品によって様々です(※)。 関水博士は2008年、カイコの幼虫を使って、食品の免疫活性化作用を測る画期的な方法を開発しました。 そして人々の健康のため、免疫力アップに役立つ食品をこの方法により探索していきます。 特に乳酸菌については、キムチなどの発酵食品や土、植物の葉や果実などから見つかった色々な種類を研究しました。

11/19-B1乳酸菌は、東京大学薬学部教授(当時)の関水和久博士によって発見されました。
食品の中には免疫活性化作用(免疫力を高める働き)を持つものがあり、その強さは食品によって様々です(※)。 関水博士は2008年、カイコの幼虫を使って、食品の免疫活性化作用を測る画期的な方法を開発しました。 そして人々の健康のため、免疫力アップに役立つ食品をこの方法により探索していきます。 特に乳酸菌については、キムチなどの発酵食品や土、植物の葉や果実などから見つかった色々な種類を研究しました。
研究を続けるなか、関水博士は福島県の東北協業乳業株式会社と出会います。 同社は東日本大震災後、原発事故による風評被害を受けた地域酪農乳業の復興に力を注いでいました。 2013年2月、「悪しき風評には良き風評で立ち向かおう」を合言葉に、両者は乳酸菌に関する共同研究を開始。 その共同研究により発見されたのが、一般的なヨーグルト等に使われる乳酸菌に比べ免疫力を高める働きが非常に高い、 新種の11/19-B1乳酸菌です。この11/19-B1乳酸菌は2014年に特許出願されています。

※ここでの「免疫」は自然免疫のことを指します。自然免疫についてはコラム参照

11/19-B1乳酸菌の発見

11/19-B1乳酸菌は、東京大学薬学部教授(当時)の関水和久博士によって発見されました。

食品の中には免疫活性化作用(免疫力を高める働き)を持つものがあり、その強さは食品によって様々です(※)。 関水博士は2008年、カイコの幼虫を使って、食品の免疫活性化作用を測る画期的な方法を開発しました。 そして人々の健康のため、免疫力アップに役立つ食品をこの方法により探索していきます。 特に乳酸菌については、キムチなどの発酵食品や土、植物の葉や果実などから見つかった色々な種類を研究しました。

研究を続けるなか、関水博士は福島県の東北協業乳業株式会社と出会います。 同社は東日本大震災後、原発事故による風評被害を受けた地域酪農乳業の復興に力を注いでいました。 2013年2月、「悪しき風評には良き風評で立ち向かおう」を合言葉に、両者は乳酸菌に関する共同研究を開始。 その共同研究により発見されたのが、一般的なヨーグルト等に使われる乳酸菌に比べ免疫力を高める働きが非常に高い、 新種の11/19-B1乳酸菌です。この11/19-B1乳酸菌は2014年に特許出願されています。

※ここでの「免疫」は自然免疫のことを指します。自然免疫についてはコラム参照